お母さんのひな祭り

今年は新しい会員も増え、ひな祭りも19人の参加者で盛り上がりました。

3台の餅つき機でついたお餅をあんこ、しょうゆ、ずんだ、きな粉でおいしく頂きました。

DSC_0691_convert_20180308040054.jpg 

準備も食事中も色々な話題があがり、楽しいひと時を過ごすことができました。

日ごろの海外での大変な育児から開放されて、優雅な時間を過ごすのも大事ですね。

DSC_0706_convert_20180308040238.jpg 
スポンサーサイト

総会・新年会 2018

毎年恒例の総会と新年会を行いました。

総会で去年の活動報告、2018年の盛りだくさんの活動予定について話しました。
改めて1年を振り返ってみると、たくさんの活動をしてきたんだなとしみじみ実感しました。
今年も挑戦したいことたくさんです。

DSC_0503_convert_20180201100043.jpg

総会の後、東田直樹君のドキュメンタリーをみんなで鑑賞しました。
Apple Timeの子供たちがみんな自閉症ではありませんが、障害児を持つ親として、感動し、共感し、反省し、希望を持つことの出来る素晴らしいドキュメンタリーでした。

顧問の医師の加納麻紀先生もお忙しい中、駆けつけてくだいました。
グリニッジのフジマートさんから特別のお弁当も届けていただき、楽しく歓談しながらおいしく頂きました。
そして加納先生からの差し入れケーキとMaison Kayserのケーキにみんな大興奮!

DSC_0508_convert_20180201100604.jpg

新たな会員も増えて、ますます忙しくて楽しい1年となりそうです。

今年もどうぞApple Timeをよろしくお願いいたします。

テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

クリスマス会 2017年

2017年のクリスマス会も盛り上がりました。

DSC_0486_convert_20171229112330.jpg


年に2回しか家族が集まるイベントがないため、ここぞとばかりにお父さんたちを引き込みます。
そしてお世話になっている来賓のみなさまも!

今年は山手線ゲームに強制参加してもらいました。
文句を言わずにでてきてくれた全てのお父さんと来賓の方たちに感謝です!

お題は: お父さんたちが通勤に使うメトロノースの駅名、アメリカの州、アメリカの歴代大統領

45秒内にどれだけ答えが出るかと思ったら、2周せずに同じ答えを言ってしまったり、間違った答えをしてしまい、あっという間に終了!

罰ゲームのチョイスは尻文字か変顔。

さてお父さんたちはどちらを選んだでしょうか?

尻文字!

見たことのないお父さんたちの奇妙な動きに子供たちは(お母さんたちも)大爆笑!

おいしい手料理もたくさんいただき、上機嫌で帰宅しました。

テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

補習校説明会「めざせ!イライラしない子育て」

おしゃべり会や運営ミーティングで話題にあがる、子供の困った行動への対応の仕方。
障害児を育てる親なら、その子供の特性に合った具体的な指示、目で見てわかる表、出来たら褒める、などなと色々工夫しますよね。
その工夫はきょうだい児に役立つこともたくさん。
私たちの工夫を紹介したら、少しでも育児が楽しくなるかなと、去年は「おこらない子育て」と称して日本語補習授業校ウェストチェスター校で講演会をしました。

今年はそんな工夫紹介に加えて、会員が「怒らない1週間トライアル」をしてので、その結果を発表しました。 
これはなかなか良い試みで、爆発せずに穏やかな日々を過ごしている会員が増えたんです。

そしてABA専門家の先生に問題行動についてのお話をしていただきました。 
日本語でABAについてお話を聞ける貴重な時間でした。

DSC_0304_convert_20171121022710.jpg

26人の幼稚園児から高校生のお父さん、お母さんにご参加いただきました。
人前で話すのはいつも緊張しますが、とても真剣に聞いてくださっていたので、気持ちよく話すことが出来ました♪

講習会で使用した資料はこちらから。



テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

日本の伝統遊び

選挙の日でお休みの学校が多かったので、みんなで遊んできました。

去年同様、ハリソン市が無料で体育館を解放してくださいました。

文化交流センターからお借りした日本のこま、竹とんぼ、紙風船、羽子板を使ったり、「だるまさんがころんだ」や「ハンカチ落とし」で思いっきり室内で体を動かしました。 
若いってすごいですね、2,3時間走り回ってもまだ物足りない感じでした。

DSC_0293_convert_20171120022639.jpg

今年はボランティアの大学生と高校生が一緒に遊んでくれて、性別、年齢、障害の有無なく、楽しい時を過ごすことが出来ました。

障害者と普段触れ合うことのない子供たちと交流することによって、理解が少しでも深まったかなと思います。

DSC_0299_convert_20171120023001.jpg

テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

プロフィール

Apple Time

Author:Apple Time
ニューヨークとその近郊で障害児を育てる日本人家族が楽しくおしゃべり、BBQ、勉強会、現地のイベントに参加したりしながらストレスを発散させてます。たくさんの人たちに支えられながら、障害に関係なく参加できるテニスパーティや講演会も行っています。

カテゴリ
最新記事
リンク