自閉症児に優しいホテル

自閉症児と旅をするのは大変ですよね。

飛行機、空港、交通渋滞、新しい場所・・・

今回は自閉症児に優しいホテルに選ばれたホテルを紹介します。

Wyndham Hotelです。


テキサスにある Wyndham’s Garden Hotel Austin には自閉症専用の部屋が5つ用意されています。
ドアが開くとアラームが鳴る。
テーブルの鋭い角をカバーしてある。
コンセントカバーがしてある。
チャイルドロックされたドアと引き出し。

おもちゃの箱、小型冷蔵庫、レストランでのスペシャルメニュー、も用意されています。

またこの部屋には低価格で泊まれるようです。

フロリダのWyndham’s Tampa Westshore では部屋を自閉症専用に作り変えるのでなくホテルの従業員に特別なトレーニングを施しています。
自閉症児にわかりやすくホテルを説明した“Autism-Friendly Toolbox” には、クレヨン、本、パズルが入っています。

この2つの自閉症専用仕様、近くに隣接する自閉症に関するNPOや大学の研究センターとの協力によって特別に作られました。

ニュージャージーのTenaflyにあるClinton Inn Hotelのホテルマネージャーの息子さんが自閉症だそうで、彼によってフロアプランが開発されました。
割れないグラス、角の丸い家具、壁につけられたテレビ、などの心配りがうれしいですね。

Wyndhamには決まったフロアプランはないそうで、個々のホテルやコミュニティの需要に任せているそうです。
増加する自閉症の数に対応するため、家族が楽しく旅行に出かけられるために色々な案を出して、実現させているようですね。
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

クレヨラファクトリー

お絵かきグッズで有名なクレヨラのミュージアムです。

クレヨラのアイテムを自由に使って楽しく遊ぶことができます。
我が家が行った時は連休中だったせいか、入場受付が大行列で、入れるまで15分くらいかかりました。
並んで待つことが難しい息子は、ここでコンディションを崩してしまい…。車の中で待たせておけば良かったと後悔。

受付でもらえるクレヨラのメダルは、館内でクレヨンや粘土などのアイテムと交換できます。メダルで買うペンの自動販売機(?)が面白かったです。

クレヨラ01
クレヨンや塗り絵が山のようにあって、使い放題。
大人も一緒になって楽しんでしまいます。

クレヨラ02
ペイントした紙皿は、別の部屋でみつけたヒモをテープでつけて、壁飾りにしました。
色々なものがあるので、アイディア次第でたくさんの楽しみ方ができます。

tsu001.jpg

建物の裏側にある、立体駐車場側の入口はこんな感じです。クレヨラファクトリーは混んでいても駐車場は余裕がありました。

館内は階段が多い造りになっているので、ベビーカーや車椅子だと移動が大変です。
食事をしたり、おやつを食べたりするスペースがないので、ごはんを食べてから行った方がいいかも。

ペンシルバニアにありWestchesterからは車で2時間くらい。
日帰りもできますが、小旅行にも。

crayola factory
30 Centre Square Easton, PA 18042

Frost Valley YMCA

Frost Valley YMCAはNYCの軽井沢(?)、美しいCatskill Mountainエリアにあるキリスト教精神に基づいて作られた、6500エーカーという広いキャンプ場です。

püƒpüúpü¦péÜpéèµ£¥µÖ¬pâÅpéñpé¡pâ¦pé»péÖ_convert_20121012022919t¦¦µ+ípéèpü«µ¬ïpééS+ôT¿ô_convert_20121012023058


宿泊施設、ハイキングコースやアウトドア設備が充実しているので、個人はもちろん、企業の研修などにも利用されています。ここで、一年を通じて、東京-フロストバレーYMCAパートナーシップが日本語で様々なプログラムを提供しています。

今回は東京-フロストバレーYMCAパートナーシップ(www.ymcatfv.org/)主宰の「秋のファミリー週末キャンプ」に私(母親)と息子(6歳、4歳)の3人で参加してきました。グリニッジ、ウェストチェスター、マンハッタンなどから7家族、30人弱、子供は4歳から12歳までが親と参加しました。お母さんだけで複数子供を連れて来ている家族は他にもありました。

私の感想は一言で『あー、楽だった!!これならママ一人でもOKだわ!』です。(でも、もちろんパパが行ったら、大活躍することまちがいなしです。)

その理由は、

泊まりはロッジ、お部屋は広々、トイレ、シャワーあり、リネン類もバスタオルも備え付けです。=テント、寝袋持参は楽しいけど荷物が大変!

3食カフェテリアで、バッフェスタイルで食事が出ます=食事の仕度はしなくていい!!ひゃっほー! 子供がお行儀が悪くてウルサくても ま、OK!

朝から夜まで、様々なアクティビティをYMCAのスタッフが広いキャンプ場のあちこちで用意して待っていてくれる=何をして遊ぶか考えなくていい!!

見晴らしがすばらしく良い=ちょろちょろされても迷子にはならない!

親切な日本人スタッフが24時間キャンプ場内にいて、子供達に目を配っています。=安心です、助かります。
スタッフも他の参加者も日本語=くつろげますー!

トイレがきれいであちこちにあります=助かります。

pâ¢péÜpâïpâ+_convert_20121012023248pâPpéªpâ¦pâåpâ¦pâ¢péÖpâ+pâåpéÖpéúpâ¦pé»péÖ_convert_20121012023428péópâ+pâüpéºpâ¬pâ+_convert_20121012023549pâ¢péÖpâ+pâêpéäpé½pâîpâ+_convert_20121012023723

うちの息子達は、はんぱじゃないチョロチョロ君、あっちへぴゅーっ!こっちへぴゅーっ!とすぐいなくなってしまうので、こわくてママ一人ではディズニーランドみたいなところには絶対行けません。そして、ものすごく活発なので、常に、体を使って遊んでいたい。こんなうちの子達にピッタリでした。
アート、クラフトや自然観察などの静かなアクティビティも用意されていますので、体力勝負のアクティビティだけではありません。

冬もまた行きたいと思います。春ももちろん行きます。

Frost Valley YMCA
2000 Frost Valley Road, Claryville, NY 12725
845-985-2291

詳しくはFrost Valley YMCAホームページで
プロフィール

Apple Time

Author:Apple Time
ニューヨークとその近郊で障害児を育てる日本人家族が楽しくおしゃべり、BBQ、勉強会、現地のイベントに参加したりしながらストレスを発散させてます。たくさんの人たちに支えられながら、障害に関係なく参加できるテニスパーティや講演会も行っています。

カテゴリ
最新記事
リンク