WeeZee 感覚を養うジム

WeeZeeではOT,PT スピーチを統合したプログラムやクラスを感覚過敏対応のジムで受けることができます。

Apple Timeの会員の中で参加した人がまだいないので、経験談はありませんが、なかなか興味深いところですね。

詳しくはこちらから

スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

障害児のスポーツ

ウインタースポーツの到来です!
でも、障害児と一緒にスキーをしたり、スケートをしたりするのはなかなか難しく、室内に閉じこもってしまいがちではありませんか?

障害児のために、季節に関係なくありとあらゆるスポーツプログラムを提供している団体を紹介します。

STRIDE Adoptive Sports

ニューヨーク、コネチカット、マサチューセッツの山でスキー、雪歩き、そり を楽しめます。

Best Day Foundation

2015年度の冬のイベントの日程はまだ発表されていませんが、今年のイベントは3月に行われました。

テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

ヨガ教室

自然の治癒力を高め身体、心、精神のバランスを整えるヨガ教室のご紹介です。

忙しい日常生活の中で 自分の状態そして呼吸に意識を向ける事の大切さに気付き、もっと健康に、エネルギッシュになるそうです!

<日時>
月曜日  椅子ヨガ     10:00〜11:00
火曜日  大人        9:30〜11:00  
      マタニティー   11:30〜1:00
水曜日  子供同伴     10:00〜12:00  
       子供同伴    1:00〜3:00
木曜日  大人         9:30〜11:00
        
<場所>
Bronx River Parkway Exit 10 より2〜3分

<費用>
$20 チケット$16 高齢者$12 子供$10

癌患者の無料ヨガ、キッズヨガプレーグループ、個人又は少人数のプライベートレッスンもします。 

お申し込み、質問等はmisaoyoga@yahoo.com、 akachan@optimumonline.net
または917.407.1365 までお願いします。                   

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ブルックリンの障害児とその家族のための素敵なプログラム

pic-logo.png

ブルックリンにあるExtreme Kids & Crewは音楽、アート、遊び、文化、セラピー、親同士の交流を通じて日々感じているストレスや孤独感を少しでも解消できたら、と作られました。

共存する建物が一体どういうものなのかを考慮して、デザイナーと建築家によって実現したビルには、アーティスト、音楽家、医者、研究者、などがユニークな考えや、感情、動きを持っているこども達に刺激を受け、彼らから学べる環境を提供できるようになっています。

また、ここは障害児と暮らす家族たちの第二の家となるように考慮されています。


音楽、アート、ダンス、きょうだい児のためのプログラム、月に一度家族で楽しめるアートや音楽イベントも開催しています。詳細はこちら

6ヶ月から4歳児を対象としたプレイグループもあります。詳細はkatemilford@extremekidsandcrew.orgに連絡してください。

土曜日の12時から4時までブルックリンのRed HookとBedford-Stuyvesantできょうだい児も一緒に遊べるドロップインプログラムがあります。詳細はこちら


テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

発達障害の脳科学にもとづいた「治療」

ここは『Learning Center』であって、セラピーを提供する場所ではありません。(ですから、保険は全くききません)
医学的に認められた『治療法』ではないので、賛否両論あると思いますが、興味のある方もあると思うのでご紹介します。

Brain BalanceではDr. Robert Melilloが提唱する、FDS(Functional Disconnection Syndrome)という概念に基づいて、ADHD, Autism, Autism spectrum disorders, CDD,Dyslexia等々、脳そのものの構造的な病変がない発達障害の『治療』を行っています。

詳しくは『Disconnected Kids』(by Dr. Robert Melillo)をお読みください。
この本は自宅で自力でやりたい親用ですが、独力で行うのはものすごく大変だ、というのが私の感想です。

おおざっぱに、センターで行っている内容を説明しますと、

1)査定(運動機能、知能、原始反射、視機能、聴覚、嗅覚、触覚)が2時間づつ2日間

2)センター長(日本でいうところの神経内科医師)より説明 

3)機能不全を起こしている部位を大きく右脳、左脳に分けて、その子のレベルに合わせてプログラムを組み治療開始。
自宅で毎日と、週3回一回一時間のセンターでのトレーニング。1コース36回、3ヶ月。

4)食物に対する感受性を血液検査。栄養士により、食事療法の指導。

5)コース半ばとコース終了後に査定、コース後半で医師による、学校の先生との面談。

料金は1)2)が$300(クーポン割引後$220-245),1コース36回3ヶ月が$6600です。(2013年5月、CTのNorwalkセンターの場合)

うちの子達もまだ通い始めたばかりで、まだ感想を書けないのですが、近々説明会があるので紹介いたしました。

Brain Balance Achievement Centers
brainbalancecenters.com/

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Apple Time

Author:Apple Time
ニューヨークとその近郊で障害児を育てる日本人家族が楽しくおしゃべり、BBQ、勉強会、現地のイベントに参加したりしながらストレスを発散させてます。たくさんの人たちに支えられながら、障害に関係なく参加できるテニスパーティや講演会も行っています。

カテゴリ
最新記事
リンク